« ゆず修行に出る | トップページ | 不本意ながら、二頭引き »

ゆず、3日間苦しむ

今、こちら(愛知県)は雨が降っています。昨日も雨でカミナリなんかもなっちゃったりして、ゆずにとってはもう最悪。しかも今日はひとりで『おじいちゃんち』にお泊りです。大丈夫かしら・・・?

昨日も実家にいたのですが、カミナリがなりはじめたら、畳を掘りまくり、最終的にはふすまを破って押入れに隠れたそうです。おばあちゃん、何もできず呆然・・・。(ゴメンナサイ)

ならちゃんはカミナリが全く怖くありません。むしろ、いつも動かないゆずちゃんが大慌てで動くので、楽しくて仕方がありません。”遊ぶの? 遊ぶの? 一緒に遊ぶよ~”って感じで大ハシャギです。もうこの二人を止めるのは私でも無理です。ひたすらカミナリが終わるのをじっと待つしかありません。

さて、ゆずエピソードその2は『3日間お腹痛に苦しむ』です。

これもまだ1歳になる前のお話です。まだお散歩に行っても何もかも物珍しく興味津々、全てが楽しいぐらいの頃。

Dscf0011_1 Dscf0396

こんな頃

最終的には原因はわからずじまい、多分そのお散歩中に何か食べたのでは?と思っているのですが。急にお腹を壊したのです。

注意! ここから先、お食事中およびまもなくお食事という方は読まないほうがいいと思います。

はじめちょっとゆるいウンチ。海に行ったときとかもそうだったので、そんなこともあるかと思って気にも留めず。しかし、それが何回も、しかも時間の間隔が短くなってきているようで。この時点でちょっとマズイか? と思い出しました、こんな私でも。お腹もかなり痛かったのでしょう? 息遣いが荒くなり、必死にお腹をさすって欲しがります。そしてトイレへ。だんだんお水のようになってきます。 一度出ると少し症状が治まるのか、しばらく静かに。そしてまた・・・。この繰り返しが夜中じゅう続きました。 ただ、だんだんお水になっているので、トイレに到着するまでにこぼれてしまいます、お水のウンチが・・・。あ~ぁと思うのですが、もうそんなこと気にしている場合ではありません、大事なゆずちゃんが苦しんでいるのですから。”大丈夫、大丈夫”って言いながら、ひたすら擦っていました。朝になってもうマズイと家族に電話して帰ってきてもらいました。

もうその頃は家のじゅうたんは大きな水玉模様がいくつも。こんなところに置いておいたら、家中が悲惨になると洗面所に隔離するように言われたのですが、お腹を壊した子を寒い洗面所に入れるのが納得できなくて、喧々諤々。でも最終的には入れて私も一緒に入りました。それでさすって。

ゴールデンのゆるいウンチは大変なのです。毛が長くて多いから、お尻の周りじゅうウンチで汚れてしまうのです。(お腹を壊すたびにお尻のまわりじゅうヒモで結んでやろうかと思います。ゆずはいまだにお腹が弱い) ウンチをするたびに、シャワーで洗って。そのうち、もうお尻が真っ赤に。出るものもなくなっているので、なんかわけのわかんない液体に血っぽいものも混ざってきたりして。

ここまできてたら、医者に連れていけばって思うでしょ。でもいつウンチをするかわからない子を1時間近くも乗用車のシートに乗せるって決断ができなくて(引っ越したにもかかわらず、ゆずのかかりつけのお医者さんはもとのおうちの近くの病院なのです、いまだに)。とりあえずペットショップで買い薬をしました。

これを飲ませようとするのですが、これがなんと粉薬。全然上手に飲ませれません。ゆずは顔中白い粉になっているのですが、どれだけ飲んだのかもよくわからず。次はオブラートを買いに走ります。ご存知ですか『オブラート』? 粉薬が上手に飲めない人のために、粉薬を包む薄いシート。これに包んで飲ませると、こんどは上手にペッと吐き出します。もう、こっちも必死だし、パニックだし。初めは『ゆず、どうして飲まないの~!これ飲めば治るのに~』って感じだったのですが、そのうち『どうして犬の薬が粉薬なの!! 飲めるわけないじゃん! いったい何考えてんだ!』って製薬メーカーに腹が立ってきました。でもゆずの容態は相変わらずでどんどん時間が経ってゆきます。

もうどうしようもない、人間だけでかかりつけのお医者さんに行くことに。先生に容態を話して、お薬をいただきました。でも先生、これも粉薬! 今までの経緯をお話しすると、それだったらと、口の横のよく伸びる部分をひっぱって(先生はそこを口のポケットって言ってました)そこに入れてやると上手に飲めるんだよってアドバイスしてくれました。それでも、その時は試せるわけでもなく半信半疑で、錠剤はないんですか?って聞いた覚えがあります。

それで帰って、飲ませることに。ほっぺをひっぱって、確かにここはよく伸びます。粉薬を入れて。当然嫌がりますけどね。でも吐き出せません。そこに入った瞬間に湿ってしまうのでしょう。出せません、ただ苦いのか気になるのか口をムゴムゴ動かしています。そのうちに全部飲めてしまいます。(機会があったら試してください、そんな機会ないほうがいいですけど)

もう感動でした! 飲ませれた~って。 (^o^)Y

お薬を飲ませれれば容態はどんどんよくなります。とりあえずトイレ通いは3日でなんとかとまりました。やっぱり先生ですね、いつも頼りにしてます。またいつかこの獣医さんのこと書きますけど、ほんといい方なんですよ。ゆずも大好きなんです。

治ってホッとすると、現実が見えてきます。じゅうたんに見事に残った水玉模様。もうじゅうたんクリーニングをするしかありません。あ~あ、ゆずちゃん、物入りだ~(T_T)

ちなみに後で言われたのですが、大型犬だから3日間お腹を壊しても何とか大丈夫だけど、小さかったら大変なことになっていたと。小さな子の飼い主さん、お気をつけて! 何か悪いときにはすぐにお医者様に行ってください。

追伸:このブログを書いている途中で、実家から電話が! ゆずちゃん、ついにカミナリが耐え切れず、吐いたそうです、かなり。どうしよ~って言われても、きっとお迎えにつくころにはカミナリ終わっているしね~。ゆずちゃん、がんばって~、遠い空の下で無事を祈っているからね~。ならは遊びすぎで爆睡中です(まったくノンキ)

|

« ゆず修行に出る | トップページ | 不本意ながら、二頭引き »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
Chocoというゴールデンの親ばかオジサンです。
ゆずちゃんもカミナリが大嫌いなんですね
カミナリの嫌いなわんこは結構いますけどゆずちゃんは相当重傷のようでご苦労なさっていますね。
Chocoもカミナリが鳴ると二階の隠れ家(娘の部屋の机の下)へ一目散です。
昨日はカミナリは鳴りませんでしたが大雨の音で、ご飯も食べずに一晩中隠れていました。

投稿: Chocoのオジサン | 2007年6月10日 (日) 10時26分

はじめまして
コメントありがとうございます。
今日また朝イチで電話が鳴り、もうどうしようもないので迎えに来てくれと連絡が入り、行ってきました。
明け方にまたカミナリがなり、今度は風呂場に隠れてもう出てこなくなったのです。何をしても出てこなくて、朝食もそこに運んでいただいたそうで・・・。(おじいちゃん、おばあちゃんはマゴに甘い!)
着いて扉を開けたら、風呂場から走って出てきました。相当もう疲れていたようで夕方までひたすら寝てから帰ってきました。
これからの季節お互い大変ですよね。なにかいい方法はないものでしょうか?そばで見ていても何もしてあげられなくてツラくなります。

投稿: ゆず&ならのおかあさん | 2007年6月11日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/402949/6720581

この記事へのトラックバック一覧です: ゆず、3日間苦しむ:

« ゆず修行に出る | トップページ | 不本意ながら、二頭引き »